加齢臭が起こる年齢はいくつから?

年齢を重ねるごとに気になってくるのが加齢臭です。

しかし、いったい何歳ぐらいから不快な臭いがしはじめるものなのか?

また、そのニオイの原因はいったい何なのか?

 

なんとなく壮年の終わりから中年の男性をイメージする方も多いと思います。

今回は、加齢臭の発生し始める年齢と、原因について説明していきます。

 

加齢臭の原因は、「ノネナール」

加齢臭は一般的には中年期。40歳を過ぎるころから気になりだすものです。

しかし、30歳を過ぎたころから気になりだす方もいます。

 

また、男性のイメージが強い加齢臭ですが、実は女性にも加齢臭は発生します。

 

この不快なニオイである加齢臭の原因は何なのか?

 

それは、「ノネナール」という物質になります。

 

人間の皮膚にある毛穴には、皮脂腺というものが存在します。

皮脂腺から分泌される皮脂は、皮膚や髪の潤いを保つ働きがあります。

 

この皮脂腺から年齢と共に過酸化脂肪を多く分泌されるようになります。

この過酸化脂肪が酸化、分解される際に発生する物質が「ノネナール」になります。

 

そして、このノネナールこそが、不快な臭いの最大の原因です。

 

また、過酸化脂肪が皮脂自体を酸化させてしまうため、酸化した皮脂の臭いも加齢臭の原因のひとつだといわれています。

過酸化脂肪が増える原因は、年齢と共に活性酸素を除去する力が弱まるためだと言われています。

 

生活習慣によって加齢臭の開始は早くなる

活性酸素が増えると過酸化脂肪が増える。

過酸化脂肪が増えると加齢臭の原因である「ノネナール」が増える。

加齢臭のメカニズムは、この単純構造になります。

 

では、誰しもが年齢と共にこれらの症状が発生するのかと言うと、そうではありません。

適切な生活習慣を心得ている方と、生活習慣が乱れている方では開始時期や強さが大幅に異なります。

 

 

それは、加齢臭が生活習慣と密接な関係にあるからです。

 

  • 喫煙習慣や運動不足
  • 飲酒習慣と睡眠不足
  • ストレスと内臓機能低下

 

このような生活習慣の乱れが起きていると、活性酸素が発生しやすくなります。

つまり、不健康な生活をしていればしているほど、加齢臭は早く、強く発生してしまうということなります。

 

女性にも加齢臭は存在する!

男性の特有症状だと思われがちな加齢臭ですが、女性にも発生することがわかっています。

 

女性の場合、女性ホルモンが皮脂分泌を抑制する作用があります。

この作用が加齢と共に低下し、皮脂の分泌量が増え、「ノネナール」増加の原因となっています。

 

また、女性の場合、女性ホルモンが減る以外にも、皮脂腺自体の抑制が弱まるために、

実は男性以上に加齢臭が出やすく、ニオイが強くなる傾向があります。

 

生活習慣を正して、加齢臭と戦おう!

年齢と共に訪れる加齢臭は避けられるものではありません。

しかし、体臭対策サプリや、日々の食生活で大幅に軽減したり対策をとったりすることが可能です。

 

生活習慣の乱れをなくし、不快な加齢臭を出さないように心がけましょう!引用サイト(http://www.xn--vck8crc144pkintl8bmwj.jp/)